トップへ » 医院について » 院長あいさつ・経歴

院長あいさつ

院長あいさつ

こんにちは。「井上歯科」院長の井上秀彦です。

当院は、地域に密着し、患者さまとの信頼関係を築きたい。「痛くない」「怖くない」そんな歯科医院を目指しています。

私が日々歯科治療を行う上で何よりの喜びは「虫歯が治って毎日が充実している」「入れ歯やインプラントを入れたことで食事が楽しくなった」「理想的な口元を手に入れて積極的に笑えるようになった」などのお声を、患者さまが嬉しそうに話してくれることです。

私が日々歯科治療を行うことで、1人でも多くの患者さまにそういった想いを抱いていただきたいと考えています。歯科治療で劇的に人生が変わることもあります。人生が良い方へ向けられるよう、お手伝いができれば幸いです。

歯科医師を目指したキッカケは、子どもの頃のトラウマでした

院長あいさつ私が幼い頃、現代とは違い虫歯が多くある子どもが多かった時代でした。私も甘いものが大好きで、虫歯ができてしまいました。

幼稚園の頃、母に連れられ近所の歯医者さんに虫歯治療に行った時のことでした。そこは、麻酔もなくドリルの音を響かせて歯をキーキーと削るような、昔ながらの歯医者さんでした。その時、歯科治療は「痛く」、歯医者さんは「怖い」ものだと認識してしまったのです。

その出来事がトラウマとなり、長い間歯医者さんに通うことができなくなってしまいました。痛くない、怖くない歯医者さんを作ること子供のトラウマを決して作らず、笑顔で通える歯医者さんを作ること。それが、私が歯科医師を目指したキッカケであり、歯科医師人生の目標です。

歯学部に入って自分自身の歯も健康に

院長あいさつそんな子供時代を過ごした私は、高校生まで虫歯になることもありました。しかし、歯科医師を目指し、歯学部に進学してからは、虫歯に悩むことはなくなりました。新たな虫歯を作ることもなく健康なお口の状態を保っていました。

これは、大学に入り歯科医療を学ぶ中で、虫歯の恐ろしさや歯科治療の大切さ、そして痛くない治療が可能なことを知ったからです。ていねいに優しく指導をしてくれる恩師のもと、歯科医療を学んで行きました。そんな恩師たちに出会っていなければ、私の虫歯のない人生は実現できませんでした。

毎日の患者さまの笑顔や喜びの声が私のやりがい

院長あいさつ大学を卒業し、平成元年にこの尼崎に「井上歯科」を開業しました。宝塚で生まれ育った私にとって、阪急沿線は小さい頃から慣れ親しんだところでした。私は地域に根づいた歯科医院として皆さまの歯の健康をお守りしています。

ひとりの人間として、患者さまに信頼される歯科医師でありたい

院長あいさつ私が歯科医師として大切にしていることは、患者さまとのコミュニケーションを通して信頼関係を築くことです。「歯科医師と患者」ではなく、「一人の人間同士」で接し考えることで、長く通っていただける歯科医院を作りたいと思っています。

ひとりの患者さまの歯を一生診ていけるような信頼を得たいと考え、技術の向上はもちろん、患者さまを思う気持ちを常に持ち続けています。

大学時代の恩師をはじめ、私が勤務医として勤めてきた歯科医院の先生は全員、常に患者さまに寄り添い、患者さま第一を貫く方々でした。私も、地域の皆さまの力になれるような「街の歯医者さん」を目指しています。

今後は、お子さまからおじいちゃん、おばあちゃんまで一家で通っていただけるような歯科医院にしていきたいと考えています。

医院を大きくすることは考えず、今のまま、良い部分を最大限伸ばしていきたいです。少しずつ信頼関係を築きながら、安心して通っていただけるような歯科医院をつくってまいります。

院長プロフィール

院長あいさつ井上歯科 院長 井上 秀彦

【略歴】
昭和57年 大阪大学歯学部卒
      同保存科 入局
昭和58年 同助手
昭和60年 堀坂歯科医院
      ニット健康保険組合等勤務
平成元年 3月3日 井上歯科 開院

【取得資格】
■ドックベストセメント ・ベーシックセミナー
            ・アドバンスセミナー
            ・フォローアップセミナー
            ・完全予防セミナー(カリエスコース、ペリオコース)修了
■ストリークレーザー  ・ベーシックセミナー
            ・アドバンスセミナー
            ・プラズマセミナー 修了
■杏林予防医学研究所アカデミー ・中級講座
                ・上級講座 修了
Poicホームアドバイザー認定医
あいうべ体操(息育指導士)マスターコース 修了
カリソルブ・ペリソルブアドバンスコース 修了


トップへ » 医院について » 院長あいさつ・経歴


PAGE TOP